2017年02月20日

相模人形芝居大会は終わらない?

IMG_20170219_135551

盛況のうちに終演した相模人形芝居大会。
厚木市によりますと1,000人超えの御来場を頂いたとのこと。
誠にありがたく、また身が引き締まる思いです。

さて、御来場の皆様が家路につくのと同じく、下中座の屋体も収蔵庫に仕舞うことになります。

IMG_20170219_165908
厚木市文化会館では金井大道具さんの御協力を頂きながら、トラックに搬入です。
もちろんホールの掃除まで行います。『立つ鳥跡を濁さず』です。

IMG_20170219_174527
収蔵庫には下中座後援会の皆さんが既に集結しています。
厚木を出たトラックの到着待ち時間も、若杉さんの軽妙なトークで盛り上がります。
しかし、辺りは暗くなってきました。日は既に落ちています。空気も寒くなってきました。

IMG_20170219_181136

トラックが到着しました。搬入作業は座員と後援会の総力戦です。

IMG_20170219_190630

夜8時まで続いた収蔵庫への搬入作業。金井大道具さんに預けて修繕し、大会で使用して収蔵庫に戻りました。大道具は頻繁に持ち出されるものではない分、出庫・入庫時の扱いと整理が大切です。

こうして、下中座の相模人形芝居大会は終わりました。
でも毎回積み重ねられていく経験、多くの皆様との出会いと思い出は、決して終わることのない永遠の宝物です。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

相模人形芝居大会

相模人形芝居大会当日です。
天候に恵まれました。

IMG_20170219_091203
舞台道具も人形も昨日のうちに運び込んでありましたので、座員が集まると早速準備にかかることができます。
控室は厚木市文化会館大ホールリハーサル室。大きな部屋でしたが、足柄座さんと共同で使うことになっていますので、実感はありません。

IMG_20170219_093104
実は舞台は下中座の舞台を使っています。厚木市には相模人形芝居の舞台等大道具一式がありますが、その全てが厚木市文化会館の小ホール用に作られています。前回、厚木市で公演した際には小ホールに長蛇の列ができ、大勢の御来場者の皆様が入場できなかったということがありました。このため今回は大ホールでの公演になったのですが、大ホール公演のために、普段と異なる対応が求められました。
舞台設営は下中座と金井大道具の皆さん、そして大ホール専属のスタッフの皆さんと共同で進められました。

IMG_20170219_111942

舞台設営後のリハーサル。公演順とは逆にリハーサルに入るため、公演順が最初の下中座は一番最後にリハーサルです。場外には既に御来場のお客様の入場待ちの列が長くなりつつあるとの情報が入り、緊張感が高まります。

IMG_20170219_120136

出演直前の舞台袖の座員たちです。
舞台緞帳前では、主催側挨拶として長谷座の山口座長さんの御挨拶が行われています。
主催者や御来賓の皆様の御挨拶を聞きながら、最後の出演準備に取り掛かります。

IMG_20170219_135527
下中座の出番が終わっても、幕間の人形体験コーナーでの出番があります。出演しない人形も準備し、2階席までお伺いいたしました。
お客様とのやり取りの時間は、座員にとっても大切な時間です。あちこちで座員とお客様との談笑する光景が見られました。

IMG_20170219_160837

恒例のお見送りです。
記念撮影に握手、別れを惜しむ方、「また来年ね」とおっしゃる方。様々な出会いと別れが繰り広げられます。
来年もまたお元気で!より一層素晴らしい芝居になるように励みたいと思います。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 21:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

決戦は日曜日!?

泣いても笑っても明日は来る!
相模人形芝居大会は直前です。

IMG_20170218_104214

稽古は仕上げの段階ですが、直前までインフルエンザ、事故、体調不良といろいろあります。
それでも前に進まなければなりません。

IMG_20170218_111657

細かい動きのチェックが多くなってきました。より一層の心象表現のため、動きの一つ一つへの理解を深める果てしない作業が繰り返されます。
座員以外にも県立二宮高等学校相模人形部の生徒が援軍として参加することになりました。来年の高校文化祭全国大会への出場が決まっているチームです。明日のリハーサルや控室で一発で合わせなければなりません。

IMG_20170218_121525

さあ、午後には厚木市文化会館へ道具の搬入です。
不安はあります。しかし誰も口にしません。不安以上に明日の舞台への期待や希望があふれているからです。
明日、どのような舞台になるのか、どのような出会いが待っているのか。
今はただただ今日より素敵な明日のために頑張りたいと思っています。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする