2018年08月02日

昭和女子大学講座

毎年恒例、昭和女子大学歴史文化学科の相模人形芝居講座が8月2日、3日、4日と開催されます。

今日は初日……。あぢぃぃぃ……














凶悪無慈悲な酷暑になっている日本列島ですが、東京は痛いくらいの暑さです。
この暑さでは座員どころか若い学生さんたちも溶けるか干上がってしまいかねません。














教室は冷房完備。涼しい環境です。
講座は朝9時から。下中座は午前中まで担当し、午後は学生さんたちは皆さんで『昭和女子大学版相模人形芝居』を創作します。














芝居創作のために分かっていなければならないこと。例えば人形の動きなどが分かっていなくては、表現を考えることはできません。人形と人とでは動き方が全く異なります。相模人形芝居独特の感情表現などもあります。
憶えることは多くあります。














今日の講座の最後は「梨割」を遣っての斬りあいです。
斬られるためだけに作られたカシラを、一人遣いで遣います。
人形の性別だけでなく、カシラの作り、衣装の色あいや、髪型など個々の持つ様々な特徴を理解した上で、芝居が創作されていることを体感していただけたと思います。

posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

下中座仮設ホームページを作成しました

現在下中座公式ホームページは不正アクセス及び改ざんが確認されたため閉鎖しております。
下記に連絡先やイベントカレンダーを設置した仮サイトを作成致しましたので、
公式ホームページ再開設までは下記をご確認頂けますようお願い申し上げます。
(検索エンジンでは現在「下中座」と検索しても下記URLは表示されていません)


尚、イベントカレンダーにつきましては現在整備途中のため、今後内容の追加・削除などの可能性もありますのでご注意下さい。
(現在掲載中のイベントは稽古日のみです)

posted by 西川鶴太郎 at 12:59| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

七夕ですが稽古日です。

平成30年度は、今日七夕から橘タウンセンターこゆるぎに稽古場を移して稽古をします。














毎年のことですが、七夕の天気は良くありませんね。※この感想には個人差があります。
今年は梅雨明けが6月中になりとても早かったんですが……。















部屋は冷房が効いて涼しく、湿気も抑えられています。
快適な環境で稽古が出来ることはうれしいことです。
これからの猛暑を思えば、熱中症の心配のない稽古場はありがたいことです。


















今年の取り組み演目は『艶容女舞衣 酒屋の段』。
時期的には基本動作の確認も多く取り組まれる時期です。
それでも9月末の川崎市立日本民家園公演にはお客様に楽しんでいただけるように仕上げて参ります。

posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする