2018年11月03日

【日本の祭り in あいち・なごや2018】メイン会場公演

名古屋滞在二日目。
二日目の朝は穏やかな朝になりました。










名古屋に来て自由な時間は1日目の夜と2日目の朝と夜しかありません。
貴重な朝の時間を、座員の多くが名古屋城見学に……と言っても名古屋城は開門していません。
加えてホテルの方から「名古屋城天守閣は木造化のため入れませんよ」と言われました。
しかし、名古屋城を眺めながらの朝食は、名古屋に来たという実感を沸かせてくれます。
名古屋城の大手門や雄大な堀を眺めながらの散策は、気持ちの良いものでした。












楽屋入りは10時半過ぎ。昨日のリハーサルで舞台の流れは概ね分かっています。












手短に準備を整えると、早速動きの確認です。
同じ会場で公演する他の団体からも笛や太鼓の音が聞こえてきます。












会場の日本特殊陶業市民会館です。不思議な名前だなと思っていたら、ネーミングライツで名古屋市民会館の名前が変えられたものとのこと。
大きな階段がありますが、1階からエスカレーターで2階のホワイエに上がれるようになっています。
さらに1階から地下鉄駅まで直接行くことが出来ます。便利ですね。












ホワイエには出場各団体のブースがありました。
今回の受賞は相模人形芝居連合会としての受賞です。地元情報には小田原市の他、神奈川県や厚木市などもありました。












舞台袖で控えている状況です。
他の出演団体と声を掛け合い交流する場所にもなります。
流石に全国規模の大会だけあってどの団体もレベルの高いものです。
相模人形芝居とは芸風が大いに異なりますし、活動する場所も異なりますが、共通するものがあると思いました。












演目は『伽羅先代萩 政岡忠義の段』ですが、13分程度の時間に縮めた形にアレンジしています。
編曲に当たったのは竹本土佐子師匠。話の筋に違和感が無いように編集するのは並大抵のことではありません。
語りが良くても、人形の動きに無理があってはいけません。その逆もしかりです。
豊富な経験を持つ土佐子師匠のおかげで、語りやすく遣いやすい圧縮版の『政岡忠義』に仕立てていただいました。
公演も成功です。少ない稽古時間でしたが、座員は高い集中力、柔軟な対応力を見せました。得意な演目に対する自信もありました。
そして会場のお客様の熱気と集中力に乗せられました。本当に良い環境で上演できたことは幸せだったと思います。












自分たちの舞台が終われば、今度は観客として他の団体の舞台を観ようと、楽屋を出て2階の観客席へ。
他の団体の舞台からもどん欲に学ぼうという思いもあれば、楽しみたい気持ちもあります。
日頃心掛けて観ていますが、今日出演の団体はいずれも素晴らしいものばかり。
いやはや、日本いや世界は広く、なんと多様で素晴らしい民俗芸能があるのだろうと、座員の誰もが感動していました。

残念ながら自分たちの舞台を撮影した写真はありません。

フィナーレは出演者総出場で、下中座も人形を持って出ました。
しかしただ人形持参で突っ立っているような下中座ではありません。ご来場の皆様に向けて人形で手を振り猛アピール!
すると恐れ多くも高円宮妃久子様から「お人形、目立っていましたよ」とお言葉をいただきました。
座員一同盛り上がったことは言うまでもありません。気分を良くして2日目に臨みます。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日本の祭り in あいち・なごや2018 | 更新情報をチェックする