2018年10月06日

伽羅先代萩 政岡忠義の段を稽古

川崎市立日本民家園公演や相模人形芝居大会に向け『艶容女舞衣 酒屋の段』を稽古してきた下中座ですが、来週に迫った相武台公民館公演に向けて今日は『伽羅先代萩 政岡忠義の段』と『序三番叟』の稽古を実施しました。











鮮やかな刺繍の打掛が久しぶりに引き出されました。
下中座の得意演目となっている『先代萩』。
座内の空気も「おなじみ感」が漂います。











『得意演目』『おなじみ』だからこそミスは許されません。
気も手も抜かない稽古が始まります。
良く知っている演目だけに、少々の違和感にも座員同士指摘が入ります。











人形・小道具だけでなく、大道具の準備も必要です。
後援会長の野原会長と若杉さんも加わって相武台公演に向けた準備を大道具倉庫で行います。
来週の相武台公演に向けて、準備OKです!
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする