2018年09月22日

20年を前に

いよいよ明日は川崎市立日本民家園公演。何と20年続く長期公演に育ちました。
下中座にとって、年間数ある公演の中でも最も大切な公演の一つです。

川崎市立日本民家園で公演することで横浜・川崎や都内の皆さんにも楽しんでいただけるようになりました。
タイ・チェンマイ大学ラーンナー民家園で開催されたInternational Puppets Festival 2014@Chiangmai Thailandにお招きいただくことになりました。
様々な出会いがここで生まれ、下中座の発展に繋がりました。











稽古は明日の公演に向けて仕上げる稽古になっています。
座員の表情も緊張感があります。
明日出演する座員を中心に稽古を進めます。











不安があれば、基礎に戻って反復練習することも怠りはありません。
特に足遣いは、座員がその重要性を高く意識するようになりました。











どんなに稽古を積んでも十分と言うことはありませんが、それ以前に道具を忘れたりしては磨いた技術も使うことが出来ません。
明日の準備は早い時間からチェックシートを見、座員同士で確認しながら行います。

posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする