2018年08月18日

怪童丸、再び故郷に帰る

金太郎野外音楽祭。昨年に引き続き今年も怪童丸が夕日の滝に里帰りです。







パノラマ撮影した夕日の滝です。
厳しい残暑も今日は一息つきました。それでも小田原は30度を超える厳しい暑さです。
ここ夕日の滝はそんな酷暑の日本列島とは別世界の清涼な世界。
金太郎が産湯としたという滝のしぶきを浴びて、座員は英気を養いました。














川を挟んだステージは日が当たっても涼しく、時間に寄りますが木陰もあります。
客席側も川風に涼みながらの鑑賞です。


















他の団体の出演を鑑賞する座員。
怪童丸メンバーの人形たちと一緒に鑑賞しています。










会場はバンガロー施設で、普通にキャンピングなどを楽しむ家族連れも多くいました。
子どもたちは下中座の人形に興味津々。親御さんも一緒に人形とのふれあいがありました。





パノラマ撮影した会場です。
こう写すと、会場と観客席の距離感がお分かりいただけるでしょうか。
箱根外輪山麓の大自然の中での公演です。写真で見ているだけでも涼しそうですね。

怪童丸2度目の里帰り公演。酷暑の夏もそろそろ終わることでしょう。
暑い夏が終われば、公演ラッシュの下中座は熱い秋に突入です!


posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする