2018年04月14日

試練の坂

世の中は新年度になりました。座員にも進級した人、異動した人、就職した人様々な変化があったようです。
下中座では午前は小竹公民館、午後は神奈川県立二宮高等学校相模人形部室の稽古が続きます。来る5月27日の公演まで

IMG_20180414_141435

沢市が崖を登る場面です。崖に登り谷底へ身投げする場面は沢市の見せどころです。
しかし動きも多く、義太夫の流れに乗れず、もたつきやすい場面でもあります。
さらに難しくしているのは沢市が盲人であること。目が不自由な人と目の見える人とでは動きが違うのは当然のことなのですが、その違いを表現できないと、お芝居がおかしくなってしまいます。

IMG_20180414_152940

観音様の霊験によってよみがえった沢市とお里。主遣いは現役中学生コンビです。左遣いと足遣いは二人のお父さんお母さんよりも年上。優しい二人に遠慮が見られます。

「遠慮しないでドンドン引っ張れ!!」

座長やベテラン座員から喝!が出ます。しかし、相模人形芝居教室の皆さんの上達は目覚ましく、要求されるレベルが上がっていることも事実です。
舞台公演になったら初心者もベテランも関係ありません。お客様に楽しんで観てもらえることが第一。それが芸能集団でもある下中座の目標の一つです。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする