2018年03月11日

人形浄瑠璃文楽座小田原公演

平成30年3月11日の今日は、小田原市民会館大ホールで人形浄瑠璃文楽座の公演がありました。
歴史的には歌舞伎の盛んだった小田原。江戸三座の控櫓『桐座』の存在もありましたし、市長には歌舞伎座の支配人だったという鈴木十郎がいて、今の小田原市民会館大ホールは、鈴木市長の意向もあって歌舞伎が上演できるように造られたと聞いています。

しかし、大正時代には文楽の公演が小田原で開催された記録もあれば、小田原城下の郊外には小竹の人形(現・下中座)、班目人形芝居(現・足柄座)、田島人形遊楽連などの人形芝居座がありました。また、ちょっとリッチな人の趣味として義太夫節が流行し、たびたび素人義太夫会や素浄瑠璃の会が開催されていました。
小竹の人形には文楽系の人形遣いも来訪していました。名人初代吉田栄三に大きな影響を与えた四代目吉田辰五郎。栄三に並ぶ名人吉田文五郎。いずれも人形浄瑠璃だけでは生活が苦しかった時期に、小竹に来て人形の稽古をつけていたと伝わります。

ともあれ小田原では久しぶりの公演ということで、座員も文楽を観に行く人がいました。満場の大入りは下中座にとっても嬉しいニュースです。

IMG_20180311_200307
夜は出番が終わった吉田簑二郎師匠を囲んで小田原駅前の『味の魚隆』で飲み会をしました。
夏合宿依頼という座員もあり、久々の再会に話は尽きません。舞台上では口を利かない人形遣いたちも、今日の宴会は大いに語り明かしました。

海鮮料理・味乃魚隆
海鮮料理・味乃魚隆
ジャンル:小田原の地魚が旨い和食
アクセス:JR小田原駅東口 徒歩5分
小田急小田原線小田原駅東口 徒歩5分
住所:〒250-0011 神奈川県小田原市栄町1-10-4(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 小田原・南足柄×シーフード料理
情報掲載日:2018年3月12日
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする