2018年02月12日

第45回相模人形芝居大会

下中座にとって、相模人形芝居大会が短い一日だったことはありません。
他の座もそうだとは思いますが、今回の公演には下中座の大道具が使用されます。その搬入から始まると12時半の公演ですが、6時台には座員は起きて動き始める形になります。

下中座にとって、神奈川県立青少年センターホールでの公演はここ数年回数を重ねたような気がしますが、施設もスタッフもとても良いホールです。
IMG_20180212_080351
この紅葉坂を上る時は気が引き締まる感じがします。
気温が低いこともあり、身も引き締まるような感じです。

IMG_20180212_085313
9時からの搬入は、座員、下中座後援会、金井大道具の皆さんで手際よく進められていきます。
この組み合わせも回数を重ね、連携は順調です。

IMG_20180212_095446
ホールスタッフも含めて設営作業が進められていきます。
事前に打ち合わせていても、詰めはやっぱり大騒ぎ。それも最高の舞台を見せたいというお互いの意見のぶつかり合いです。どんなにやりあっても目指す方向は同じ向きなのです。

IMG_20180212_115609
会場前は超長蛇の列12時の開場は15分早まりました。

IMG_20180212_120144
それでもお客様にとってこの待ち時間は退屈です。下中座から倉橋君と市川君が『駒澤』の人形をもって『お出迎え』にあがると、お客様から笑顔が。少しは退屈しのぎになったでしょうか。

IMG_20180212_131821
人形体験には神奈川県立二宮高等学校相模人形部の部員が参加。座員が人形解説し、体験のお手伝いを高校生が行いました。
若い伝承者に驚くお客様。「頑張って!」と温かい御声援を多数いただきました。

IMG_20180212_162727
終演後のお見送りは各座から1体の人形を出す形で行われました。
下中座は足柄座と並んでのお見送り。
たまたま立役と女形が並んだこともあり、揃って記念撮影という方が多数おられました。
お客様はお帰りになりますが、下中座にはまだまだ片付けと大道具の搬出作業が待っています。

IMG_20180212_171804
ホールの片付けと大道具搬出作業も終了し、青少年センターホールで解散の挨拶をする座員たち。
でもまだまだ終わりません。かりゆし運送さんのトラックに積んだ荷物を降ろさなければなりません。降ろす場所は大道具倉庫です。人形や小道具は24日の稽古の初めに大道具倉庫から小竹公民館に移動します。
区切りの解散の挨拶。しかし座員の目はもう既に次の相模人形芝居大会に向いています。更に素敵な芝居と素晴らしい出会いを期待して……。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする