2017年04月08日

久しぶりの『朝顔』

春は名のみの風の寒さや〜
桜は咲いていますが、いつになったら満開よ?という陽気が続いています。

そこへ来て、下中座の話題は『朝顔』です。
IMG_20170408_152422
稽古が始まりました。義太夫を聞きながら動きや立ち位置を確認する流した稽古を繰り返し行います。

IMG_20170408_153325
『朝顔』にはヒロインの深雪が弾く琴が登場します。本当に弾くことができるものです。
人形の手も琴を弾いているように見える『琴手』を遣います。
お芝居で本当に琴を弾くかどうかは、出演謝礼と相談です。

IMG_20170408_151941

実は下中座の会計事情は決して良いものではありません。度重なる修繕を含めた整備、新作演目への取り組み、稽古会場費等、出ていくものはそれなりにあります。逆に収入は簡単には増えることはありません。
『民俗芸能団体』というだけで維持費も掛けず、のんきに人形芝居をやっているものと認識されることが多々ありますが、素敵な芝居を御覧にいれるためにギリギリの運営をしているのが実態なのです。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする