2017年03月26日

花冷え雨模様の小田原ラスカ公演

毎年恒例になりました。小田原市立橘中学校相模人形クラブによる『坂田金時 怪童丸物語 足柄山の段』公演。毎年、この公演を最後に中学校三年生が相模人形クラブを卒業する『卒業公演』でもあります。
今年卒業公演に参加した三年生は一人。公演は一・二年生主体になりました。

IMG_20170326_105217
舞台設営、お席の設置と中学生と座員が協力して進めていきます。年々手際良くなってきているような気がします。

IMG_20170326_112334
舞台設営後はリハーサルです。今回の公演は中学生と下中座の座員と合同での公演になります。

IMG_20170326_130638
小田原は冷たい雨が降っています。箱根は雪の情報もあり、冬の寒さに逆戻りです。
そんな陽気でも大勢のお客様がお見えになりました。
心なしか子供連れのご家族が多いようです。学校は春休み。相模人形芝居の公演にお運び頂けてとてもうれしいことです。

IMG_20170326_154428
公演後のお客様との交流も恒例になっています。中学生も座員も楽しみにしている時間です。
大勢のお客様の中には常連になっている方もおられます。
元小田原市文化財保護委員で歴史家の宇佐美ミサ子先生もたびたび公演にお運び頂いています。林座長とは文化財保護委員として一緒に働いていた時期もあり親しい仲です。
激励あり𠮟咤あり御指摘あり、様々なお声掛けを頂きました。その一つ一つの積み重ねのが相模人形クラブと下中座の財産になっていきます。
より多くの出会いを、より多くの経験を積み重ねるべく、来年度に向けて歩んで参ります。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする