2016年11月27日

【好評多謝!】『特別展 相模人形芝居の世界』終了

昭和女子大光葉博物館で開催されていました『特別展 相模人形芝居の世界』。
11月26日に展示期間が終了しました。

IMG_20161112_095217

貴重な展示品の数々。相模人形芝居5座が一堂に会した展示は史上初めて。
今後もなかなかこれだけの規模の展示開催は簡単なことではないでしょう。

IMG_20161112_095526

また、この展示や準備に向けた調査作業の中で、相模人形芝居に関する多くのことが判ってきました。
その成果は多くの機会をとらえて、世に紹介されていくことになるでしょう。

昭和女子大学光葉博物館の皆様。監修に当たられた大谷津早苗教授。本当にありがとございました。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

【残念…】British VOGUEに掲載されません

さて、今年の6月26日に、写真家ティム・ウォーカーさんによるBritish VOGUEへの掲載写真の撮影が行われたことをお伝えしていました。

平成28年6月26日 ティム・ウォーカーさんの撮影

写真が掲載されるとすれば、British VOGUE 12月号への掲載予定と伺っていましたが、最終選考まで残っていたものの、結果的には下中座の人形が写った写真は掲載されないことが決まったと御連絡がありました。

残念な御連絡ではありますが、ティム・ウォーカーさんやスタッフの皆さんと出会えたこと、短い時間ながら美の創作現場に参加できたこと、一流の写真家の仕事に接触できたことは、座にとって大きな『財産』となるものです。この『財産』を座や相模人形芝居の将来に向けて、大切に活かしていきたいと思っています。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

緊急事態!

昭和女子大学光葉博物館でのワークショップの裏では、今日の後継者育成発表会に向けての準備が行われていました。
そして公演当日。

IMG_20161113_104029

後継者育成発表会は小田原市立下中小学校下中座クラブの『二人禿』と小田原市立橘中学校の相模人形クラブの『坂田金時 怪童丸物語 足柄山の段』の二段構成で臨みましたが……。

誠に残念なことに、相模人形クラブの三年生がテストのため全員欠席という状態です。あらかじめ出演できないという連絡はありましたが、1・2年生主体の構成で臨まなければなりません。

IMG_20161113_104937

今年はリハーサルをやることができました。3年生の欠席も事前に判っていましたから、多少準備の余裕がありました。しかし、小・中学生だけで人形解説をするのは、本来はなかなか難しいこと。大人でもトチるくらいですから……。
後継者育成発表会では下中座以外の団体も、多くが民俗芸能の解説を若手後継者が行います。その後継者の人には小・中学生や高校生もいますから、特別なことではありません。

IMG_20161113_123044

座員の中には当日の舞台運営スタッフとして活躍する人もいます。
舞台袖に控えて進行をするのは岸敏江さんと早野里美さん。二人の連携は息がぴったり合っています。
受付でも岡本さんや金窓さん、徳山さんらが活躍していました。

IMG_20161113_152540
『二人禿』上演中の舞台袖から。
相模人形芝居の人形は、正直、小学生にとっては重たいものです。軽量化は図られていますが、限界があります。小学生が必死に遣っている姿を、袖にいる大人座員がハラハラしながら見ています。
けして心臓に良いとは言えませんが、事故無く遣い切ってくれると自分が人形を遣い切るよりも嬉しかったりします。

IMG_20161113_154830

流石に中学生になると、人形をしっかり持つことができるようになります。
ただ、今回は3年生がいないので人数が足りません。小学生も動物の人形役でお手伝いです。
座員も足や後見などに奔走します。ギリギリの舞台運営です。

色々ありましたが、何とか演じ切ってくれました。
来年の後継者育成発表会は12月9日(土)同じ小田原市民会館大ホールと聞いています。
来年はどんなドラマがあるのでしょう??
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする