2016年09月24日

三番叟と二人禿

image
鶴太郎です。
ある事情から午前中から開始された本日(24日)の稽古。
参加人数が少なめということで、いつもの「弁慶上使」ではなく
「三番叟」や「二人禿」の稽古です。

image

「(稽古の様子は)どうですかね」
禿「あなたホントに身体固いわねぇ…」
「(´・ω・`)」

…ところで何故午前中から集まったのか
「三番叟」や「二人禿」を稽古するということは、近々公演するの??
えーっと… 続報をお待ち下さい!
posted by 西川鶴太郎 at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

二十歳の民家園公演

毎年おなじみの川崎市立日本民家園公演です。
数えてみるとなんと!20周年オギャーと生まれた赤ちゃんが成人式を迎えるという歳月が過ぎていました。

IMG_20160918_091048

国指定の相模人形芝居下中座と国指定の工藤家のコラボレーションも回を重ねました。
準備も手際よいものです。座員も応援に駆けつけてくださる後援会の皆さんも国指定の文化財での公演であることを十分認識しています。色々な意味で失敗の許されない舞台です。
今年も民家園のスタッフの皆さんに加え、博物館学芸員の実習生の皆さんが準備や運営に参加しています。実習生の皆さんは毎年変わるはずですが、若い上に手際が良くとても感心します。

IMG_20160918_092848

舞台裏。人形拵えや太夫・三味線の準備、座員の休憩はここで済ませます。
食事は合掌造りのお食事処『白川郷』で。ここのお蕎麦もすっかりおなじみになりました。

IMG_20160918_125759

民家園公演の季節は秋の長雨や台風シーズンに重なっています。天気が良い日はなかなかありません。また晴れれば残暑の最後のシーズン。今回はたまに小雨がぱらつき、いつ大雨になるのか気になる天気でした。
それでも大勢のお客様にご来場頂きました。人形体験はいつも大人気です!

IMG_20160918_135801

公演終了後の『お見送り』もすっかりおなじみになりました。
座員もこの機会を楽しみにしています。1日2回の公演は民家園とラスカ小田原の2か所のみ。公演中はとても忙しいのですが、そんな苦労もお客様の笑顔で吹き飛んでしまいます。

IMG_20160918_161615

撤収作業です。引き際も鮮やかになってきました。
忘れ物チェックはとても大事。忘れたからと言って簡単に取りに来ることはできません。
最後に残るのは思い出と工藤家だけ。また来年の民家園公演が開催されることを願いながらの撤収作業です。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

人形の重さ

もうすぐ川崎市立日本民家園公演です。
次第に稽古にも集中力が高まってきました。
IMG_20160910_144748



IMG_20160910_141506
人形を吊るして……何をしているのでしょうか?!

実はこれ、人形の重さを量っています。
人形体験の時などに、お客様から人形の重さについてお問い合わせをいただくことは多くあります。
しかし、意外なことに正確に測ったことはありませんでした。

IMG_20160910_141154

「侍従太郎、5キログラム!」
「弁慶、5.5キロ!やっぱり弁慶は重いか〜ぁ」
「おわさ、4キロ。」

量ると重さに傾向があることが判りました。
@女形(女性の人形)より立ち役(男の人形)の方が重い。立ち役には足があるからではないかと思われます。
A身分の高い人の方が重い。身分の高い人は着るものも増えるからと思われます。

意外なことも判りました。姫の人形はそのイメージとは逆に重いのです。これは髪飾りや打掛など飾りや衣装が豪華で多くある分重くなっているものだと思います。
今回は計測していませんが、鎧の十次郎や武智光秀など甲冑武者はきっと重いのでしょう。調査はいずれ。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする