2016年08月29日

暑気払い

さて、世間には暑気払いという風習があります。職場、サークル、自治会など、夏の暑さを乗り切るべく、飲んで食べて世間話に花が咲くというものです。

下中座では毎年、夏合宿にあわせて開催されます。初日の稽古が終わり、食事、お風呂の後に、一部屋に集まって飲んでいます。お酒や食事は持ち込みです。
IMG_20160827_214632
人形芝居の話もなくはないですが、世間話や思い出話が多くなります。最近は健康に関する話も増えました。
健康に気を遣って、飲み過ぎないようにしましょうね!
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

吉田簑二郎さん

今回の夏合宿も、人形浄瑠璃文楽座から吉田簑二郎さんから演出等につき助言をいただくため、お招きいたしました。

IMG_20160827_140400
大阪文化の人形浄瑠璃文楽座と江戸文化の相模人形芝居下中座とでは同じ三人遣いの人形芝居でも人形の遣い方に多くの違いがあります。お互いの伝承に悪影響を与えないよう注意しながら助言をいただいています。
簑二郎さんの助言は非常に合理的かつ丁寧。そして自ら考えることを強く主張されています。
自ら遣う人形の心理や立場、年齢、性別……様々な要素を分析し、解釈しながら表現することでは、文楽も下中座も同じ土俵の上にあるのです。

IMG_20160827_120953
簑二郎さんとは昼食も一緒。食事時もほとんど人形の話です。
座員の質問にも気さくに答えてくださいます。

IMG_20160828_114326
人形遣いとして必要な人形の管理技術については、御指導を頂いています。
職業として日常的に人形に接している文楽の人形遣いの皆さんは、やはり管理技術も一流です。
人形を遣いやすい状態に仕上げておくことは、上演成功の要(かなめ)です。写真やビデオを撮りながら技術を学びます。

IMG_20160828_151103
「座員に若い人が多く、熱意を感じる」と下中座について語られる簑二郎さんですが、助言や指導は「自分にも言い聞かせているところがある。(下中座に来ると)勉強になる」と人形芝居に向かう姿勢は非常に真摯。その姿勢に共感を覚える座員は多く、一ファンとして簑二郎さんの舞台を観に大阪まで行く座員もいます。

この夏の稽古も大変お世話になりました。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

15回目の夏合宿

2018年の夏合宿は荒れ模様の天気の中始まりました。
IMG_20160827_104649
と言っても、稽古は当然屋内なので、まるで関係ありません。
多少蒸しますが、空調のおかげで比較的快適です。

IMG_20160827_145846

稽古は神奈川県立二宮高等学校相模人形部の生徒さんも交えて、基本動作から演技の微細に至るまで。休憩や食事を挟みながら継続されました。

IMG_20160827_191643

夜は公演に向けた打ち合わせです。人数により演目が変わります。
『弁慶上使』は大人数が必要な大演目。日程を調整し、座員をそろえるのは大変な作業です。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする