2016年03月27日

小田原市立橘中学校相模人形クラブ ラスカ小田原公演

毎年3月下旬にラスカ小田原様の御厚意で開催されますラスカ小田原公演。
『怪童丸物語 足柄山の段』製作にあたっては、公益財団法人東日本鉄道文化財団様から掛かる費用の助成を頂いています。そんな経緯から、ラスカ小田原での公演は定期公演化しています。

IMG_20160327_100408

公演ごとに掲示される公演案内。ラスカ小田原様の熱意が伝わってきます。
中学生にも伝わればといつも祈る思いです。

IMG_20160327_112535

人形解説も中学生が手掛けるようになって回数を重ねるようになりました。
仕上げの稽古は現場リハーサルで。座員の厳しい目が注がれます。

IMG_20160327_144209

呼び込みをする座員と中学生の組み合わせ。普段はなかなかない組み合わせです。
呼び込みで人気が出るのは、人形ではやはり『姫』や『若男』ですね。
呼び込みの甲斐あってか、2回の公演は共に多くの皆様の御来場を頂きました。

IMG_20160327_162939

3年生にとっては、これが最後の相模人形クラブの活動になります。この公演はいわゆる『卒業公演』です。
相模人形クラブを卒業しても相模人形芝居を必ず続けてやってくれるとは限りません。
でも中学校3年間を相模人形芝居の遣い手として過ごす中学生は、全国津々浦々どこを見回しても小田原市立橘中学校相模人形クラブの皆さんしかいないのです。
その貴重な体験はきっと卒業生の中で、いつまでも輝き続ける財産であり続けることでしょう。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

チェンマイ大学スベトレニ先生から……

タイ王国第2の都市として知られるチェンマイ市。この街にある名門チェンマイ大学のラーンナー民家園で2014年の12月に開催された『International Puppets Festival 2014@Chiangmai Thailand』は下中座初の海外公演として、今でも座員の記憶に強く残っています。

「また行きたいと願う座員もいれば、
「次の海外公演には必ず参加するぞと意気込む座員もいますが、
今のところ予定はありません。
まあ、海外公演というのは簡単なものではありませんよね。

IMG_20160319_144023
『International Puppets Festival 2014@Chiangmai Thailand』にお招きくださったVilawan Svetsreni先生から座長宛に御手紙が届きました。封筒を開けるとフェスティバルの際に撮影された写真を使ったカレンダーが同封されていました。

IMG_20160319_135734
2016年のカレンダーで、4月に下中座の「十次郎」の写真が採用されています。姫じゃなかったのね。

カレンダーにはフェスティバルに参加したアジア各地の人形の写真もあります。
「そうそう、タイの人形遣いはね…」
「ミャンマーの人形遣いは凄い人だったよ!」
そんな思い出話に花が咲きます。次の海外公演は果たしてあるのでしょうか??

ちなみに、今でも『International Puppets Festival 2014@Chiangmai Thailand』の映像は
LannaLive chiangmai
Triptravelgang
いずれもタイのネット放送局で動画で見ることが今でも可能です。

posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

民俗芸能と最先端技術

下中座をはじめとする民俗芸能が、日本の伝統美を今に伝える存在であることは、ご覧いただければたぶんお分かりいただけることでしょう。
IMG_20160305_141903
人形や道具を入れるのに使われている茶箱です。
プラスチックスのケースもありますが、とにかく頑丈で、光を通さないので人形を傷めることなく守ってくれます。木製なので余計な湿気を吸い、乾燥すると吐き出す調湿機能もあります。そして意外と軽いのも魅力です。
……とただただ古いものを使っている訳ではありません。理由があって昔からのものを使っているのです。

IMG_20160319_145735
今時珍しい”テレビデオ”。テレビにビデオカセット機能が付いたもので、少し前にはよく販売されていました。今は懐かしい”ブラウン管”画面です。流石にこれは古いですね。

IMG_20160319_142440
最近はビデオ自体が無くなってきました。下中座の記録ビデオもデジタル化を進めており、今やほとんどDVDです。パソコンのハードディスクやディスクで管理されています。映像班の鈴木さんの動画もディスクで頂いています。
というわけで、先の”テレビデオ”にパソコンやDVDプレイヤーを接続して記録映像などを見ています。
古い良いものに新しい良いものを加えて、相模人形芝居もより上達し進化していくことでしょう……。

で、いいんだよね?座員の皆さん?!
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする