2018年12月03日

第46回相模人形芝居大会観覧者募集!

平成最後の年、平成31年3月2日(土)は第46回相模人形芝居大会が小田原市民会館にて開催されます。
小田原市南足柄市厚木市平塚市の4市の12月1日号の広報に掲載されているほか、ポスター掲示やチラシの配布が始まっています。

第46回相模人形芝居大会チラシ(表)
46th Sagami-ningyo-shibai-taikai.jpeg

第46回相模人形芝居大会チラシ(裏)
46th Sagami ura.jpeg
日時 平成31年3月2日(土曜日)
   開場12時00分 開演12時30分 終演16時35分(予定)
会場 小田原市民会館 大ホール(所在地 小田原市本町1-5-12)
入場 無料(往復ハガキでの事前申込制)
定員 700人(申込多数の場合は抽選)
交通 小田急小田原線「小田原駅」下車、徒歩約10分。
※駐車場がないため、お車でお越しの際は近くの有料駐車場をご利用下さい。
演目
(1)傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段  前鳥座(平塚市)
     太夫 栄谷佳子 三味線 竹本土佐子
(2)人形芝居教室   解説者 足柄座
(3)壺坂観音霊験記 沢市内の段 長谷座(厚木市)
     太夫 磯田貞子 三味線 竹本土佐子
(4)壺坂観音霊験記 山の段    林座(厚木市)
     太夫 山口貴若 三味線 竹本土佐子
(5)伽羅先代萩 政岡忠義の段足柄座(南足柄市)
     太夫 入江敦子 三味線 竹本土佐子
(6)艶容女舞衣 酒屋の段下中座(小田原市)
     太夫 黒蛹江 三味線 竹本土佐子
※お申し込みの方法
往復ハガキ1枚に郵便番号・住所・氏名・電話番号・参加人数(1枚で2人まで)・返信用宛先を明記の上、お申し込みください。
宛先 〒250-8555 小田原市荻窪300
   小田原市文化部文化財課
お申込期間
 平成30年12月15日から平成31年1月31日当日消印有効

なにとぞよろしくお願いいたします。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

【日本の祭りinあいち・なごや2018】NHKBSプレミアムで放送!

平成30年11月3日・4日に出演いたしました『日本の祭りinああいち・なごや2018』。
その状況がNHKBSプレミアムで放映されます。

時間 平成30年12月3日(月曜日)午後5時〜6時


※登場団体は下中座以外にも多数あります。あわせてご覧くださいね。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

小田原地下街ハルネ公演

小田原駅前での下中座の公演と言えば、年2,3回開催されますラスカ小田原公演が知られています。小田原ラスカは小田原駅に直結する駅ビルの最上階での公演。隣接する屋上公園からは小田原城も見えます。
今回は同じ駅前でも地下に潜った小田原地下街HaRuNeでの公演。下中座史上初めての地下での公演になりました。












小田原地下街は、実はれっきとした”道路”。広い空間は実はほとんど人が通行するためのものです。
公演可能な空間は地下に下るエスカレーターの下。「うめまる広場」と呼ばれています。












小田原駅は近年海外からお見えのお客様が増えていると伺っていましたが、下中座の公演看板を見て公演前から外国のお客様の姿を多数お見掛けしました。
下中座では、下中座と相模人形芝居を紹介するパネルと資料を展示していましたが、パネルは日本語。せめて英語のパネルは欲しいものです。
それでも多くの方が熱心にご質問されたり、展示の道具に触れられたりしていました。












リハーサルも公開状態です。
物珍しい光景に、海外の方ならずとも人だかり。道行く人が通りすがりにご覧になる『ストリート感』もあります。
既に公演が始まっているかのようです。












実際の公演もこの通り。2回の公演は大勢のお客様でとても盛り上がりました。
下中座は11月3・4日に『日本の祭りinあいち・なごや2018』で公演し、その興奮冷めやらぬうちに小田原地下街HaRuNeでの公演を迎えました。
しかし、地元小田原でも名古屋に負けない盛り上がりをお客様からいただきました。
毎週の公演に座員の中にも疲労感はありましたが、この公演での疲れは、本当に心地よいものになりました。
posted by 西川名無子(にしかわ ななし) at 20:00| 日記 | 更新情報をチェックする